スポンサードリンク
スポンサードリンク

自宅内職とは

自宅内職とは、文字通り自宅において何か簡単な仕事を行い、その報酬を受け取ることです。自宅で内職をするというのは昔から行われており、そのほとんどはちょっとした物品制作などの軽作業でした。逆に言うと自宅にそれほど大きな機械を入れてやるわけにはいかないので、大した設備もいらないような作業ばかりになってしまうのでしょう。
よくマンガやドラマに登場したのは造花作りの内職ですが、実際にこれをやっている人を見たことはありません。ですが、子供の頃に友人の家でお母さんがインスタントコーヒーの袋詰め作業をしているのを見たことがあります。現在ではこれらの内職はおそらくないでしょうね、造花作りは中国でほとんどやっているそうですし、インスタントコーヒーの袋詰めもオートメーション化されてもはや人間の仕事ではなくなっているでしょう。

小さな会社で大きく儲けるインターネットSOHO超活用法  パソコン在宅SOHO成功物語  SOHO&ベンチャーのためのウィンドウズ

インターネットの普及で自宅内職も間口が広くなった

それでは自宅で内職というワーキングスタイルはもはやないのでしょうか?いえいえそんなことはありません。むしろ以前よりも多くなっているのではないかと思います。それを可能にしたのはパソコンとインターネット回線の普及です。
パソコンを使って行う仕事のうち、会社に出てきてしなければならないもの以外は自宅で内職をしている人に任せることが可能ですから、最近では実際にそのような案件をよく目にします。
例えば、ある女性が印刷会社でDTPの仕事をしていたとします。DTPとはパソコンを使って印刷物のデータを組む仕事です。この女性が結婚・出産を機に会社も辞めて自宅で子育てをしているとします。この人は会社まで出て行って作業をすることは出来ませんが、機材さえ揃っていれば自宅で内職のようにDTPの仕事をすることが出来ます。これはまさに現代の自宅内職ですが、こういった働き方を最近の言い方ではSOHO(ソーホー)と言います。Small Office Home Officeの頭文字をとったものですが、これなら自宅内職で稼ぐことが現実的です。

全国にはたくさんの優秀なSOHOワーカーがいます

自宅内職としてSOHO仕事をしている人はかなり多く、その分野はDTPだけでなくライティング、Web(ホームページ制作)やシステム開発など、IT分野にも及んでいます。まさに腕一本で勝負できる世界ですから、全国にたくさんの優秀なSOHOワーカーが存在し、稼いでいる金額もかつての自宅内職というレベルとは全く別物になっています。
SOHOは特定のスキルを持った人に限定した話ですが、そういったものがなくても出来る自宅内職もあります。実際に見たことがあるものとしては、インターネット上から特定の情報を集める仕事や調べ物をする仕事など。またいつでも募集しているインターネットを使った自宅内職ではデータ入力が有名です。インターネット環境と検索エンジンの使い方さえ知っていれば出来る自宅内職です。あなたもインターネットを使って自宅内職で稼いで見ませんか。

自宅内職